競馬でサイフを重くする方法

中央競馬の攻略法、特に超万馬券を当てる方法を中心に解説します。
 
 
応援ポチお願いします
人気ブログランキングへ
ランキングが開ききるまで待ってくださいね!せっかくクリックして頂いても反映されないときがあるようです。よろしくお願いします。
フリーエリア
管理人 Tちゃん 北海道の有名国立大卒
フリーエリア
ブログとほぼ同じ内容のメルマガです。ブログを更新するごとに届きます。
メルマガ登録・解除
競馬でサイフを重くする方法
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
フリーエリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終レースで万馬券を当てる方法 

11月8日(土)東京12Rダート1300の馬連43670円、馬単78820円を当てる方法を解説します。

1着1番ポートラブ
2着7番グランドラッチ

最終レースは持ちタイムNO1の馬がよく連対します。(ダートと芝1200に特に多い)

日刊スポーツの出走表を見ると、ダート1300の持ちタイムがない馬が8頭います。

1番の馬の持ちタイムの出し方

1番の馬はダ1400の持ちタイムは1.23.3

ダートの場合200メートルで約14秒違うので100メートルで7秒違います

したがって1番の馬のダ1300の持ちタイムは1.16.3…NO1

3番の馬のダ1300の持ちタイムは同じように計算すると1.16.9

7番の馬のダ1300の持ちタイムは1.17.9…NO7 7番の馬はダ1700の持ちタイムが出ています。

1.45.9これから28秒ひけばダ1300のタイムがでます。

したがって持ちタイムNO1の馬1番を軸にして6点流せば馬連と馬単の万馬券をとれます。

万馬券をねらうときは8点流した方がいいと思います。
フリーエリア
フリーエリア
メルマガ登録・解除
 
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
フリーエリア
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。